So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

2018 F1 メキシコGP [F1]



2018 F1 メキシコGPの感想です。











【予選】

ポールはレッドブルのリカルド、僅差でマックスとなりました。標高の高いこのサーキットでマクラーレンを除くルノーエンジンユーザーは好調です。3位はここでほぼチャンピオン確定のハミルトンでした。


【決勝】

リカルドがスタートに失敗し、ホールショットはマックスが取りました。ハミルトンにも先行されリカルドは3位転落となります。

相変わらず後方では接触多発、リタイアも出ました。これもなんとかならないんでしょうかね。

各車早々にタイヤに苦しみ出します。メルセデスは特に酷そうでマックスに付いていけません。ベッテルはリカルドとハミルトンを抜き2位まで巻き返します。

終盤にリカルドがトラブルでリタイア、ライコネンが3位になりました。

4位に入ったハミルトンが5回目のワールドチャンピオン獲得。今年はフェラーリが速かったので面白くなりそうでしたが途中で失速してしまいました。残念です。

やっぱりタイヤが問題です。クリーンエアの中を走っていたマックスでさえグレイニングが出ていました。

どんなにタイヤをガムのように柔らかくしても2ストップが主流になんてならないです。柔らかいタイヤが減らないようにレースペースが落ちるだけなので。

2ストップの義務化と耐久性、作動温度領域の広いタイヤが必要です。これに給油を再開すればかなり面白くなると思うんですがねぇ。



nice!(1)  コメント(0) 

nice! 1

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。