So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

2018 F1 アメリカGP [F1]

2018 F1 アメリカGPの感想です。


















【予選】

前日が雨だったので、Q1では下位チームとの差が約1秒ほどだったのが印象的でした。グリップレベルが低ければあまり差は出ないんでしょうか。

僅差でハミルトンがポール。2位ライコネン、3位ボッタス。本当なら2位はベッテルですが、グリッド降格ペナルティで5位からのスタートです。


【決勝】

スタートでライコネンが1コーナーを取ります。これはタイヤの差が出てしまいまいたね。ベッテルはまたも接触で後退、毎度のことながら勿体無い話です。

今回のレースもタイヤが全てを支配しました。USタイヤのライコネンをSSタイヤのハミルトンが追います。順調に走行しているように見えましたが苦労していたようです。

ハミルトンはVSが出たタイミングでSタイヤに交換、やや早過ぎるタイミングでしたがここで勝負というところでしょうか。

ライコネンは20周頃まで引っ張りSタイヤに交換、早いタイミングで交換したハミルトンが最後まで持たせれば勝ちとなりますが、リアタイヤに盛大なブリスターが出てしまい万事休すとなりました。

優勝は本当に久々のライコネン、2位マックス、3位ハミルトンとなりました。ドライバーチャンピオンシップ決定は次回まで持ち越しえすがほぼ確定でしょう。
nice!(0)  コメント(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。