So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

2018 F1 モナコGP [F1]

2018 F1 モナコGPの感想です。


スポンサーリンク






【予選】

今年もレッドブルのリカルドがポールを獲りました。やはりマックスダウンフォースが必要なこのコースではレッドブル強しです。チームメイトがP3で去年と同じ場所、同じ原因でクラッシュ、最後尾スタートとなりました。リカルドとの一騎打ちを見たかったのに残念です。

2位はベッテル、3位ハミルトンと続きます。低速コーナーの回頭性が悪いメルセデスは苦戦しているようです。

【決勝】

混乱もなく順調なスタートでした。問題はここからです。

先頭のリカルドは快調に飛ばしていきますが、後続はタイヤを守るためにスローな展開&隊列レースに。

先頭のリカルドもレースの1/4を過ぎたあたりからMGU-Kが使えなくなりスローな展開に拍車をかけます。

ストレートではかなり不利となったリカルドですが、コーナーが速くストレート手前で追いつかせない走りで逃げ切りました。

二年前にピットのミスでモナコ初勝利を逃していたのでようやく報われましたね。

プラクティス、予選は最速、決勝はアクシデントがあったにも関わらず優勝。完全勝利と言っていいでしょう。

しかしレッドブル以外はタイヤの磨耗にかなり悩まされていましたね。数年前は「モナコはウルトラウルトラウルトラソフト」ぐらい柔らかいタイヤで丁度いい、と数名のドライバーが言っていました。

今年のモナコはその希望通りになった訳ですが、柔らかくなった分磨耗が酷く、抜けないモナコなのでマルチストップもできないので退屈なレースとなってしまいました。

もっと熱の問題が無く攻めることのできるタイヤにならないんでしょうかねぇ…。





スポンサーリンク







nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:自動車

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。