So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

2018 F1 アゼルバイジャンGP [F1]

2018 F1 アゼルバイジャンGPの感想です。


スポンサーリンク







【予選】

今回もベッテルがポールを取りました。
今年はフェラーリ二人ともに調子がいいですが、ベッテルのほうが一歩抜きん出ているようです。

2位、3位はメルセデス、以下はレッドブルといういつものラインナップ。

【決勝】

グリップが低く、強風の市街地コース。混乱は必須の条件が全て揃っています。

案の定、オープニングラップから接触が多発、セーフティーカーが導入されます。

とにかく接触の多いレースでした。最も印象的だったのはレッドブル二台の同士討ちですね。
前を行くマックスがブレーキングゾーンで2回動いてしまいました。後ろのリカルドは抜くタイミングで突っ込んできているので間に合いませんでした。

これはマックスがやりすぎました。その前までは同じマシン同士でかなりいいバトルをしていたので非常に残念です。

最後のセーフティーカーごのリスタートでベッテルが突っ込み過ぎで後退、トップはボッタスとなりましたが最後にデブリを踏んでしまいパンク、リタイアとなりました。

優勝はハミルトンでしたが勝ち方に納得いかない様子。

今回もレースを決定したのは波乱でした。
次回はスペインなので本当のマシンの実力がわかるでしょう。






スポンサーリンク







nice!(0)  コメント(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。