So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

2018 F1 バーレーンGP [F1]

2018 F1 バーレーンGPの感想です。


スポンサーリンク









【予選】

フリー走行で好調だったライコネンを抑えベッテルがポール。2位ライコネン、3位ボッタス、4位はハミルトンですがギアボックス交換で5グリッド降格、後方からのスタートとなります。

リカルドは5位となりますが、マックスはトラブルでQ1敗退、ピリッとしませんね、レッドブルは。


【決勝】

スタートは後方では混乱がありましたが順調なスタート、ライコネンは蹴り出しが悪く3位に転落します。

2周目にリカルドがシステムのシャットダウンで早々にリタイアとなりました。また、マックスもやや強引にハミルトンに仕掛けた結果、左リアをぶつけてしまいホイールが破損、パンクしたうえにギアボックスまで壊れてしまいリタイアとなります。

予選から決勝、どこもいいところがなく2台が消えてしまう悪夢のような週末となりました。しかし、あの程度の接触でホイールが破損しギアボックスまで壊れるとは、少々驚きです。よほど当たり所が悪かったんでしょうか。

レースが動いたのは18週目、先頭のベッテルがピットイン。何故か先頭なのに先に動きました。
「1ストップは無い」と読んでいたのでしょうか。

しかし、メルセデスは二台ともプランB、1ストップ戦略を取りました。

ライコネンがピットのミスでリタイアした今、フェラーリは後が無くなった形です。

ピットに入れば負けるフェラーリ、猛プッシュはできないメルセデス。

我慢大会を制したのはベッテルでした。10周はオーバーしたタイヤでよく逃げ切ったと思います。
久しぶりに面白いレースでした。

残念なのは最近、ピットのアンセーフリリースが多いことです。これが原因でリタイアとなると面白くないですね。

次回は中国、本当の序列が見えるのはまだまだ先になりそうです。







スポンサーリンク







nice!(0)  コメント(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。