So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

2018 F1開幕 オーストラリアGP [F1]

2018 F1 オーストラリアGPの感想です。


スポンサーリンク







いよいよ始まりました2018年のF1。

冬季テストでは不気味なほどロングランに徹したメルセデス、レッドブル。
対象的に様々なタイヤを積極的にテストしていたフェラーリ。

「今年は接戦になる」と言われていましたが果たして結果は?

【予選】
ポールは予想通り?メルセデスのハミルトン。2位のライコネンに0.6秒もの大差です。
これは驚異的なラップでした。

チームメイトのボッタスはQ1で縁石に乗り過ぎてクラッシュ、マシンは大破します。
ボッタスのタイムを見ていると、マシンよりもハミルトンが凄すぎるんだなと感じますね。

3位はベッテル、4、5位はレッドブル勢が続きます。これもいつものラインナップですね。ポール以外は接戦です。

【決勝】

クラッシュなどは無く順調なスタート。ハースのマグヌッセンが抜け出し4位、マックスの前へ。

DRSが使用可能になればすぐに抜かれるだろうと思っていましたが、なかなか抜けない。
これは同じエンジン同士が理由ではなく、予選で下位に沈んだボッタスもなかなか上がってこれないのでコース特性によるもののようです。

しばらく行列レースが続きましたがレースが動いたのはハースのピットストップ時でした。なんと前代未聞の「2台連続ホイールナットの締めつけミス」があり、1台はストップした場所が悪くバーチャルセーフティーカー導入となります。

この後が面白かった。メルセデスの計算ミスで2位のベッテルがピットのタイミングでハミルトンの前で復帰。ハミルトンは憤慨しているようでしたが後の祭り。

何度か仕掛けますが途中で諦めてしまいました。

1位ベッテル、2位ハミルトン、3位ライコネンとの結果です。

ベッテルはとにかくラッキー、ハミルトンはオーストラリアとは相性が悪いようです。

結構なストレートがあるのに抜けない。今年のF1はさらにオーバーテイクが難しくなったのではないかと思う開幕戦でした。







スポンサーリンク







nice!(0)  コメント(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。