So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

2018 F1はどう変わるか [F1]

2018年のF1、さてどうなるんでしょうか。


スポンサーリンク








1.タイヤの種類が5種類から7種類へ
2.ハロー(ドライバー頭部保護デバイス)の装着義務化
3.シャークフィンの廃止


タイヤについて

タイヤの種類にハイパーソフトとスーパーハードが追加されなんと7種類!になります。
スーパーハードなんて必要なんだろうか。昨年でもほとんど出番なしだったのに。

ハイパーソフトはモナコなどで活躍することでしょう。しかし、「劣化を意図的に早くする」というコンセプトは継承されているはずなので微妙なところです。

シャークフィン

ようやくあの醜い「背ビレ」が廃止されます。
しかし、完全に撤廃とはならない様子。
エンジンカウルから10cmぐらいのチョビ背ビレは残るかも知れません。

ハローの義務化

2018年はこれが一番の変更点と言っていいでしょう。賛否両論あるこのデバイス、見た目が悪くなるのば勿論ですが、空力にも多大な影響を及ぼします。

そしてとても重い。ハローをの装備重量は14kgと言われています。今シーズンのマシンは最低重量が引き上げられましたが全然足りないようです。
マシンの軽量化もさらに厳しくなり、重心のかなり高い位置にこのはろが鎮座することになるのでさらに厄介なことになりそうです。

今年は上位チームの格差が縮まるか、そこが見どころですね。マクラーレンとトロロッソ、どちらが上となるかも楽しみです。









スポンサーリンク







nice!(0)  コメント(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。