So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

2017 F1 ベルギーGP [F1]

2017 F1 ベルギーGPの感想です。

スポンサーリンク





【予選】

F1 200戦目のハミルトンが圧巻のポールポジション。2位はライコネンの手助けでスリップを使ったベッテルが滑り込みます。3位は調子が今ひとつのボッタス、4位は謎の振動に悩まされたライコネンとなりました。

【決勝】

先頭グループは綺麗にスタート。後方ではアロンソが10位から7位までジャンプアップ。しかしその後はストレートで難なく抜かれ続け、最後はリタイアしてしまいました。雨が降らないことを確認してからのリタイアなので、走る意味がないと止めてしまった感じてす。
残念な話しです。

レースはハミルトンとベッテルの一騎討ちとなりました。ライコネン、ボッタスは付いていけない様子。

今回のレースの見どころはフォースインディア同士の接触から始まりました。オールージュの入り口でオコンが並びかけペレスと接触。オコンはプロントウイングを失い、ペレスはリアタイヤがパンク。またしても大量のポイントを失う結果となりました。

このアクシデントでセーフティカーが入ります。ハミルトンからすれば最悪のタイミング、ベッテルは間逆の立場です。

セーフティカー中にハミルトンはソフト、ベッテルはウルトラソフトへタイヤを交換。リスタートが注目されましたが、ベッテルは抜くことができませんでした。

ハミルトンはレース後に「わざとベッテルを引き付けて、スリップストリームを最大限に活用できないようにした」と言っていました。あの状況でよくこんなこと思い付くなと思います。

今シーズンはフェラーリとメルセデスの勝負というよりはハミルトンとベッテルの一騎討ちの様相となってきました。ハミルトンが頭一つリード、というところでしょうか。

次回はフェラーリのホーム、モンツァ。ベッテルがどこまでハミルトンに食い下がれるか注目です。








スポンサーリンク







nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:自動車

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。