So-net無料ブログ作成

2018 F1 上海GP [F1]

2018 F1 上海GPの感想です。


スポンサーリンク







【予選】
ポールはまたしても最後の最後で逆転したベッテル。2位ライコネン、3位はボッタス、4位ハミルトン、以下レッドブルの2台となりいつものラインナップです。

今季はメルセデスは調子が悪いようですね。やはりオイル燃焼のエキストラパワーを奪われたので苦しいんでしょうか。



【決勝】

スタートでベッテルがライコネンを牽制しすぎてチームメイトが3位に転落、ボッタスに
2位のポジションを献上してしまいます。

これはちょっとやりすぎでしたね。ポジションを守るのは大事ですが、他チームならともかくこれはいただけません。

今回のレースもセーフティーカーが明暗を分けました。ベッテルがボッタスにアンダーカットを許し、レースは決まったかと思いました。

トロロッソの二台が接触、セーフティーカーが入り絶妙なタイミングでレッドブル二台が二回目のダブルストップ!

これは見事でした。フレッシュなソフトタイヤを履いたリカルドには誰も太刀打ちできず、久しぶりの優勝となりました。

対象的にマックスはベッテルに追突してしまい後方に下がってしまいました。

今回も思いましたが現代F1は「抜けない」レースとなっています。混乱が無い限りは。

気温変化に影響されすぎるタイヤ、過敏過ぎるエアロ…。

退屈か混乱の二極化では面白くありませんね。






スポンサーリンク






nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:自動車

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。