So-net無料ブログ作成

2017 F1 アブダビGP [F1]

2017 F1 アブダビGPの感想です。


スポンサーリンク






【予選】

ポールはハミルトンを抑えてボッタスが取りました。2位ハミルトン、3位ベッテル、4位リカルドと順当な並びです。




【決勝】

最終戦はトワイライトレース、どんどん路面温度が低くなっていく難しいコンディションのレースです。

スタートは波乱もなくボッタスがトップで1コーナーを抜けていきます。ハミルトンは2秒前後のギャップでピッタリついていきますが、ベッテルはジリジリ離されていきます。

やはり路面温度が低いコンディションではフェラーリは辛いようです。タイヤに優しい(入力が少ない)特性が足を引っ張ります。

逆の特性であるメルセデスはこういうコンディションでは圧倒的ですね。

中団ではグロージャンとストロール、マッサとアロンソのバトルがありなかなか面白かったですね。

レースはそのままボッタスが逃げ切り今年3度目の優勝、ハミルトン、ベッテルの順になりました。

今年のF-1も終わってしまいましたが、今年はハミルトンの圧勝で終わった一年でしたね。

ボッタスも移籍一年目で3勝、チームプレーもそつなくこなしたので上出来です。

来年はマシンとチームにも慣れるでしょうからもっと面白くなることを期待しましょう。



さて、来年はどうなるのでしょうか。

最大の変化はタイヤが7種類になることですね。
しかし、どんなに柔らかくなっても攻め続けることはできない特性は継承されるでしょう。

パワーユニットの使用数もさらに減り、マシンはまた重くなるようです。
タイヤ、パワーユニット温存レースはまだまだ続きそうですね。






スポンサーリンク


















nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:自動車

nice! 1

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。