So-net無料ブログ作成
検索選択

2017 F1 アゼルバイジャンGP [F1]

2017 F1 アゼルバイジャンGPの感想です。


スポンサーリンク







【予選】

圧倒的なタイムでポールはハミルトン、ボッタスに対して0.4秒、三位のライコネンに対しては約1秒の大差となりました。メルセデス完全復活、フェラーリ危うしです。
ここではレッドブルもかなり調子がよくなってきました。


【決勝】

決勝はとんでもなく大荒れの展開となりました。セーフティーカー3回、赤旗中断1回。荒れすぎですね。

「世界遺産の中を走る市街地コース」はいいんですが、今年のモンスターF1にはコースが狭すぎます。さらに路面がスムーズなのでタイヤに熱が入らず、スピンや接触が多発しました。

スタート直後にボッタスとライコネンが接触、ライコネンがパンクしリタイア。ライコネンはボッタスに文句を言っていましたがあれは仕方ないでしょう。ライコネンがアウトから被せたのでボッタスは目一杯インに寄りましたが当然ラインは苦しくなるなので外側の車は弾き出されますよね。仕掛け所ではありますがあの狭い場所にアウトから行くのはまずかったと思います。

最後の見所はハミルトンとベッテルの接触でしょうか。ベッテルは「ブレーキテストされた!」と怒り狂い、はずみでハミルトンに車をぶつける格好に。

これでベッテルは10秒ストップのペナルティー、ハミルトンがヘッドレストが外れるというトラブルを直すためピットインしたので楽々勝てるチャンスを逃してしまいました。

まあ、怒るのも無理はないですが、セーフティーカーが入る際のリスタート手順を変える必要があると思いますよね。現状は先頭がペースを作る権利があるわけですが、先頭は後続を出し抜いてリスタートしたいですし、後続は離されたくないからギリギリで着いていくわけです。

セーフティーカーが入る前の周回はバーチャルセーフティーカーに切り替え、全車一定間隔、先頭がコントロールラインを通過した時点でリスタートにすればいいのにと思います。

様々な混乱を潜り抜けたリカルドが優勝、一時は最後尾まで落ちたボッタスがフィニッシュライン手前で前車をかわし二位、三位は新人のストロールという結果となりました。


次回はオーストリア、また低ミュー路面での争いです。そろそろまともなサーキットでのレースが見たいですね。







スポンサーリンク







nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:自動車

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。