So-net無料ブログ作成
検索選択

2017 F1 モナコGP [F1]

2017 F1 モナコGPの感想です。


スポンサーリンク




【予選】

なんと9年ぶりにライコネンがポール!本当の僅差で2番手はベッテルです。久しぶりにフェラーリがフロンロー独占、今年はホントに速いですね、フェラーリ。

3番手は不振から復活のボッタス、4番、5番はレッドブルの2台です。

ハミルトンは不調でQ2敗退、ボッタスとは明暗が分かれてしまいました。スリッピーな路面、USタイヤで苦労するのはこれが初めてではありません。ハミルトン特有の問題なのでしょうか。


【決勝】

今年はマシン幅が拡大されているのでさらに追い抜きが難しくなります。決勝は混乱なくスタート、しばらく行列レースが続きます。

今回はポールを取ったライコネンに勝ってほしかったのですが…。ボッタスがピットへ入るとフェラーリが反応し、ライコネンをピットへ。ライコネンは渋滞の中に戻ってしまい、その間にベッテルがスパート!

見事な走りでオーバーカットを決めましたが、なんとも腑に落ちません。これは明らかにベッテルを優先した、ということなんでしょうか。

確かにベッテルは調子がよくレースペースもライコネンよりよかったのですが、今回はライコネンを優先して欲しかった。ポールを取っているので権利もありますしね。

せっかく復調の兆しが見えていたのに、これではまた調子が悪くなるかも知れません。ゴール後に殆ど話してもいないようでしたし、相当怒っているんでしょう。

今年はフェラーリにとっては千載一遇のチャンスなので、今回不調のハミルトンを引き離しておきたかったんでしょうが、コンストラクターズのことを考えればライコネンの復調は必須だと思うのですが…。

今シーズンは接戦でかなり面白いのですが、政治が絡むと一気に興醒めしてしまいます。そんなレースでしたね。




スポンサーリンク








nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:自動車

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。