So-net無料ブログ作成
検索選択

F1 イギリスGP [F1]

2017 F1 ロシアGPの感想です。


スポンサーリンク







【予選】

ついにメルセデスの牙城が崩れました。ベッテルがポール、二位ライコネンでフェラーリがフロントロー独占です。三位はボッタス、4位は今回調子の悪いハミルトンです。

【決勝】

マクラーレンのアロンソがフォーメーションラップでトラブル発生、リタイアとなりました。立て続けのトラブル、今度はバッテリー系のようです。

レースはエクストラフォーメーションラップからのスタート。ベッテルがやや出遅れボッタスに先行されます。

しかしレースペースはいつもいいフェラーリ、このままボッタスに付かず離れず…のはずがジリジリと引き離されて行きます。ボッタスの調子がいいのか、フェラーリはフルタンクで重いとダメなのか?

原因はロシアのスムーズな路面にあるのかも知れません。スムーズ=グリップが低いのでダウンフォースに頼らざるを得ず、クリーンエアでないと辛いのかも知れません


ロシアまでの3戦はグリップもよくコーナーでのバトルが見れましたが、ここでは去年のタイヤセーブレースが復活したかのようです。

レースは最後にベッテルが追い上げ、かなり見所もありましたが抜けませんでした。

ボッタスがF1初優勝のレースとなりました。フェラーリが二位三位、ハミルトンは不調のまま四位となりました。ハミルトンだけがリアタイヤのオーバーヒートに悩まされるという興味深い状況となっています。

次回はスペイン、レッドブルも大幅なアップデートを持ち込むという話なので、新たな展開があるかも知れませんね。








スポンサーリンク






nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:自動車

nice! 1

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました