So-net無料ブログ作成
検索選択

2017-F1 バーレーンGP [F1]

2017-F1 バーレーンGPの感想です。


スポンサーリンク







【予選】

ポールはメルセデスのボッタス。なんと初ポールポジションです。長かったですね。メルセデス移籍3戦目にしてマシンに慣れてきたのかも知れません。

2位ハミルトン、3位ベッテル、4位はリカルド。調子の悪いマシンでよく頑張っています。

【決勝】

スタートはほぼ順当に進みましたが、ボッタスのペースが上がらない。初めはフェラーリを警戒してわざとゆっくり走っているのか?と思いましたが、なんとタイヤの内圧を間違えてスタートするという致命的ミス。ホント、ボッタスはついていませんね。

あまりの遅さにベッテルが先に動きピットでタイヤ交換。しかし直後にセーフティーカーが。前回に引き続きベッテルに不運かと思いましたが今回は逆でした。各車ピットに入りましたがベッテルは先頭に立つことに成功です。

その後もボッタスはペースが上がらず、ハミルトンもピットイン前にスロー走行したという理由で5秒ストップのペナルティー。これが最後まで響くことになりました。

優勝はベッテル、二位ハミルトン、三位ボッタスの結果となりました。ボッタスは初ポールだというのに残念な結果となりました。今期のメルセデスはリアタイヤに厳しいという悪癖が出ているようで、かなり苦戦しているように見えます。

フェラーリは予選の速さはメルセデスに及びませんが、レースペースは素晴らしいものがあります。タイヤコンパウンドの変更がなければしばらくこの状態が続きそうです。

また劣化の激しいタイヤに変更されたら…ならないことを祈りましょう。








スポンサーリンク







nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:自動車

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。