So-net無料ブログ作成
検索選択

F1 アメリカGP [F1]

2016 F1 アメリカGPの感想です。
【予選】

今回はハミルトンがポール。以下同文…と言いたくなるぐらいに予選順位が固定されてきました。2位はロズベルグ、3,4位はレッドブル、以下フェラーリと続きます。フェラーリはもはやレッドブルに全く歯が立たないようになってしまいました。

上位ではリカルドだけがスーパーソフトでスタートします。この戦略がどう出るか、見ものです。

【決勝】

今回はハミルトンが綺麗なスタートを決めました。スーパーソフトスタートのリカルドがロズベルグを抜き2位へ。レースはソフトもスーパーソフトもあまり関係なかったのか、ソフト勢も10周前後で続々とピットイン上位タイヤを交換します。

3ストップ主体になるかと思いましたが、ほとんどが2ストップでした。レースはあまり見所もなく、途中マックスのリタイア、ライコネンのホイール装着ミスでのリタイアぐらいでしたね。ライコネンは坂道を使ってバックでピットロードを逆走するという離れ業を見せてくれました。結局、アンセーフリリースで罰金をくらってましたが、逆走のほうが危険な気がしますが…。

結果は1位ハミルトン、にロズベルグ、3位リカルド。ハミルトンは自力でのワールドチャンピオンはもう無いので、残りのレースを全て優勝するしかない訳ですが、今回は見事にミッション完了と言ったところですね。同じ意味ではロズベルグも残りレースを2位で終われば勝ちなので今回は引き分けですかね。

ハミルトンとロズベルグのガチンコバトルを見たいですが、近代F1ではもう無理なのかも知れません。スタート直後の1コーナーを抜けた者が勝つ。先頭はクリーンエアの中で悠々とタイヤをセーブ、後続はタイヤが痛むので近づけない…。
こうなると戦略で抜くしかないのですが、同チームなら先頭に優先権があるのは暗黙の了解なのでそれも無理…。

空力を大きく制限し、タイヤを含むメカニカルグリップを向上させれば改善すると思うのですが、来年はさらにダウンフォースが増え、これも難しそうです。

次戦はメキシコGP、また長いストレートがあるのでメルセデス優位は不変でしょう。ハミルトン対ロズベルグのスタートがどうなるかが見所ですかね。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:自動車

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。