So-net無料ブログ作成
検索選択

2016-F1 日本GP [F1]

2016 F1 日本GPの感想です。



スポンサーリンク





【予選】

雨上がりの中の予選。路面はやや濡れていましたがそれほど影響はありませんでした。今回もロズベルグかポール。2位ハミルトン。3位、4位フェラーリ、以下レッドブルと続きます。前回のレースでハミルトンのエンジンがブローしたこともあり、メルセデス勢はパワーを抑えた状況にもかかわらずレッドブルはセカンドグリッドを確保できませんでした。マクラーレンが苦戦する中、ハースの二台がQ3進出を果たしていますので、鈴鹿はパワーが無いとダメなサーキット、ということですよね。


【決勝】

ハミルトンとロズベルグの一騎打ちを期待していたのですが、ハミルトンがまたスタート失敗、8位まで転落してしまいました。これでロズベルグは楽々と一人旅、2位のマックスも追いつくことはできず、退屈なレースとなってしまいました。

ハミルトンは最終的に3位まで追い上げ、マックスとのバトルは面白かったですが、リアタイヤが
キツかったのか最終コーナーからの立ち上がりが悪く、1コーナーでは抜けない。一か八かでシケインで飛び込もうとしましたがインを閉められ万事休すでした。

しかし、ハミルトンのスタートの悪さは何なんでしょうか。ロズベルグがあまり失敗していないところを見ると、機械的なことではなく人的要因が大きいのでしょうね。

これもレースの一部なんでしょうが、スタートでチャンピオンシップが決まるのはいかがなものかと思います。

次はアメリカ、コンストラクターズは今年もメルセデスで決まってしまいましたので、残るはドライバーチャンピオンシップですが、流れはロズベルグですね。

今年はロズベルグで決まりでしょうか…。





スポンサーリンク














nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:自動車

nice! 1

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。