So-net無料ブログ作成
検索選択

F1 マレーシアGP [F1]

2016 F1 マレーシアGPの感想です。


スポンサーリンク




【予選】
今年は路面が再舗装され、生まれ変わったマレーシアでの開催です。路面はスムーズになり、ラップタイムは大幅に向上しました。ここはF1カレンダーの中でも有数のテクニカルなサーキットです。予選は順当にマシンの速さの序列通りとなりました。

ハミルトンがポール、3.4位はレッドブル、5.6位がフェラーリ。今回はハミルトンが大差を付けたので、前回のリベンジは達成と言ったところでしょうか。

【決勝】

路面温度がなんと58度!という中での決勝レース、スタートはスムーズだったものの、ベッテルがオーバースピードで1コーナーに突っ込みロズベルグと接触、ベッテルはリタイアとなりました。被害者のロズベルグは大幅に後退することになりました。

これでハミルトンは楽になりましたが、42周目、ハミルトンのエンジンがブロー!リタイアとなってしまいました。しかし、今季のハミルトンはなぜこんなにもトラブルが多いのか、「運が無い」という言葉だけでは説明できなぐらいのトラブル率です。

これで1位リカルド、2位マックスでレッドブルがワンツー、3位がロズベルグ。ロズベルグが残り15周程度でどこまで追い上げるか、というところですが、ここでロズベルグに10秒加算ペナルティー!これでレッドブルのワンツーは確定となりました。3位争いはライコネンとロズベルグで10秒を切れるか守れるかの攻防となりましたが、今のフェラーリにメルセデスを抑える力は無く、3位はロズベルグ。

優勝はレッドブルのリカルド。本当におめでとうと言いたいですね。本当ならスペイン、モナコで2勝していたはずなので…。


それにしてもハミルトンのリタイアは痛いですね。 これは流石に今年はロズベルグで決まりのかなと思ってしまいます。

次はいよいよ日本グランプリ、鈴鹿です。楽しみです。





スポンサーリンク







nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。