So-net無料ブログ作成
検索選択

F1 シンガポールGP [F1]

2016 F1 シンガポールGPの感想です。


スポンサーリンク




【予選】

昨年は「大外し」をしたメルセデスですが、今年は流石に同じ失敗は繰り返しませんでした。二位のリカルドに0.5秒の大差を付けてロズベルグがポール。これにはかなりガッカリしたことだと思います。最接近できるチャンスでしたからね。ハミルトンは三位となりました。足回りのトラブルが影響してか、マシンをまとめられなかったようです。ベッテルはリアのアンチロールバーが壊れるという珍しいトラブルでQ1敗退。決勝は絶望的になりました。

【決勝】

スタート直後にヒュルケンベルグがクラッシュ!
コーナーではなくストレートでの接触は珍しいですね。1週目からセーフティーカー出動となりました。さすがセーフティーカー出動率100パーセントのサーキットです。今年物記録更新です。
レースは至るところで我慢大会の様相となりました。タイヤのセーブは毎度のことですが、序盤からメルセデスがブレーキに不安があるようで、庇いながらのレースとなりました。それでも相当速かったですが…。

レース終盤、この抜けないサーキットで物を言うのはピット戦略でした。ハミルトンが3ストップに変更のためピットイン。フェラーリはこれを予想していなかったのか、すぐ後にライコネンをピットに呼んだがアンダーカットされてしまいました。これで表彰台を失うことに…。

二位を走っていたリカルドも勝負に出ます。ウルトラソフトに履き替えてロズベルグを追う作戦に変更。1週あたり2~3秒速いペースで追い上げます。

メルセデスはロズベルグを入れるかどうかギリギリまで迷ったようですが、土壇場でピットインは中止、ステイアウトを選択しました。結果としては抜かれはしませんでしたが、0.5秒差という僅差で勝敗が分かれました。

最後尾スタートのベッテルはなんと5位入賞。この抜けないサーキットでここまで来れるとは驚きです。予選の失敗がなければ、表彰台は確実だったかも知れませんね。

次回はマレーシア。メルセデスが強いでしょうが、フェラーリとレッドブルに頑張ってもらいましょう。そうでないと、面白くないですからね。




スポンサーリンク







nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました