So-net無料ブログ作成
検索選択

F1 イタリアGP [F1]

2016 F1 イタリアGPの感想です。


スポンサーリンク






【予選】

F1で最高のパワーサーキットなので分かりきってはいますが、メルセデス勢が上位を占めました。ハミルトンがロズベルグにも圧倒的な差をつけてポール。フェラーリ、ルノーを交えてはいますがパワーの差が顕著に現れる予選となりました。最近、改善が見られていたマクラーレンはQ2敗退。いくらフェラーリエンジンを搭載しているとはいえ、ハースに負けてしまうとは…。エンジンパワーに関しては、これが現在の順位なのかも知れません。



【決勝】

スタートではハミルトンが大失敗、1コーナーを抜けた後には6位まで後退。ロズベルグは一気にらくな展開となりました。抜けそうで抜けないモンツァ、結果は1位ロズベルグ、2位はハミルトン、3位は地元で意地を見せたフェラーリのベッテル。4位にライコネンが入りましたので、フェラーリとてはこれ以上ない結果だと思います。

それにしてもメルセデスは速すぎますね。レースを見ていてもとっても退屈です。レギュレーションは皆同じなので文句は言えないんでしょうが、開発の方向を間違うと追いつけない、というところが問題かも知れませんね。「世界最高峰」なんですから、開発の制限を撤廃してほしいものです。来年からはエンジン開発のトークン制は廃止されますので少しはマシになるんでしょうが…。

イタリアGPではドライバーの去就について、大きな発表が二件ありました。ウイリアムズのマッサが今期限りで引退、マクラーレンのバトンが来年は事実上の休業、バンドーンにシートを譲ることとなりました。バトンはリザーブドライバーとして残留、新たに2年契約して2018年には復帰?も匂わせているので今まで前例のない形での契約となりそうです。

次回はシンガポール。パワーよりもダウンフォースが重要なサーキットです。今度こそレッドブルがメルセデスを抑えることができるか、注目です。












スポンサーリンク







nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:自動車

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。